老化が進む40代!疲れ目改善の3つのポイント【オプティマルヘルス】

健康・美容

老化が進む40代!疲れ目改善の3つのポイント【オプティマルヘルス】
  • 指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?

40代・・・おろそかになりがちな目の健康維持

目が疲れる 画像

出典 http://magazine-rails-uploads.s3.amazonaws.com

「最近、やけに目が疲れる…」
そんな感覚をお持ちではありませんか?

パソコンやスマホの普及により
モニター画面を見ている時間が
圧倒的に増えた現代の生活環境。

目の疲れを訴える人が急増しています。

目の疲れを放っておくと
眼精疲労やドライアイなどの
原因になります。

特に40代は老眼の進行が進む時期。
加齢とともに水晶体の弾力性が無くなり
硬くなりはじめます。

早め早めのケアを心掛けましょう。

疲れ目と眼精疲労の違い

疲れ目は、身体の疲れと同じように
休むことで解消できるレベル。

慢性的な痛みや充血・かすみ・
視力低下など、休んでも解消できない
レベルが眼精疲労です。

眼精疲労 画像

出典 http://www.selfdoctor.net

ドライアイ

粘液に覆われている目は
常に湿った状態に保たれています。

パソコン作業などでモニター画面を
長時間凝視するなどで
まばたきの回数が極端に減少します。

その結果、目の表面を潤している
水分が蒸発し、乾いてしまった状態が
ドライアイです。

眼精疲労を訴える60%の方が
ドライアイの症状もあります。

ドライアイ 画像

出典 http://panasonic.jp

ブルーライトの影響とは?

ブルーライト 画像

出典 http://www.ishamachi.com

ブルーライトとは、
波長が380~500nm(ナノメートル)の
領域にある青色光。

私たち人間の目で見ることのできる光
「可視光線」の中で、もっとも波長が短く
強いエネルギーを持っています。

目が疲れるだけではなく、
睡眠障害・肥満・うつ病など
さまざまな悪影響をもたらすと
いわれるブルーライト。

LEDディスプレイやLED照明に
多く含まれ、特に放出量が多いのが
スマートフォンです。

ブルーライト 領域 画像

出典 http://www.ishamachi.com

検証!ブルーライトの影響

疲れ目改善!3つのポイント

①血流改善

目の周辺やツボをマッサージしたり
蒸しタオルで温めるなど
目の血行を良くしましょう。

また、首や肩の凝りをほぐし
血行を良くすることも大切です。

ただし、目が充血している場合は
炎症を起こしている状態。
冷やすことをおすすめします。

②疲れ目に効く栄養素を摂取する

栄養バランスのとれた食事をすることは
目だけでなく、身体の疲労回復にも
役立ちます。

目に良いとされている栄養素は

●ルテイン
●アントシアニン
●ビタミンA
●ビタミンB
●ビタミンC
●ビタミンD
●ビタミンE

中でもルテインとアントシアニンは
目の疲れに効果的。
しかし不足しがちな栄養素です。

③疲れ目改善!アイストレッチ

Wowapp 画像
1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?